審査に通らない理由

消費者金融や信販会社で融資を受けるには、まず第一に審査を通過する必要があります。審査に通らなければ一円たりともキャッシングをすることが不可能ということです。

 

審査で重要となってくるのが、現在の借入状況と過去の金融業者との取引履歴です。それらは信用情報センターのデータを取り寄せることで公にされてしまいます。申込書に現在の借入状況を少なく申告していても、信用情報センターのデータによってバレてしまいます。

 

バレるだけならいいですが、虚偽記載によって信用も落ちてしまいますので、審査の結果に大きく影響を及ぼしてくるでしょう。したがって、申込書にはどんなに不利になろうとも虚偽の記載だけは避けたほうが無難です。

 金融

審査に通らない理由はいろいろありますが、一番多いのが現在の借入状況です。他社からの借入件数が多いと、それだけ信用も落ちてしまいますので審査に通らない可能性が高くなります。

 

他社への借金返済のための借入(自転車操業)だと思われてしまうからです。通常、借入件数が3件以上になってくると大手や一部の中小消費者金融では審査に通らなくなってきます。

 

特に金利の低い大手などは審査も厳しいのでそういった多重債務者はあきらめたほうが無難になってきます。少々利息が高くても確実に審査が通る金融業者を選びましょう。

 

それと過去の金融業者との取引履歴も重要な審査のポイントとなってきます。過去に支払いの遅延行為を繰り返していたり、自己破産などの債務整理をしていた方は、ブラックリストになっている可能性があります。

 

ブラックリスト

特に自己破産をしている方は要注意です。そういったブラックリストになっている方は、100%審査に通りません。理由はどうにせよ、金融業者にとって借りたお金を返済せずに生活をしているような方は、一番お金を貸したくない相手ということになるはずです。

 

したがって、ブラックリストになっている方は抹消されるまでの期間(通常5年間)は、キャッシングは出来ないとあきらめず他はないでしょう。